東京夜空 夏蜜柑 漫画コミック 好きだけど、まだ結ばれたことのない三・・・スマホでも読む

東京夜空

夏蜜柑 漫画コミック
18歳未満利用禁止
iPhone・Android・スマホ&PC&携帯で通販
入口はこちら


東京夜空
好きだけど、まだ結ばれたことのない三村君とのことを東京の夜空の星に祈ろう。見える星が少ないぶん、きっと叶うはず。
夏蜜柑マンガ






今日は夢にまで見た一流企業?!の面接。ドキドキしながらいざ会場へ。するとそこには3人の面接官が…緊張ぎみに挨拶をすると、面接官は彼にある言葉を復唱しろと指示する。その言葉は「チ○ポビンビンです」だの「ケツに下さい」だの卑猥な言葉。恥ずかしさを我慢して大きな声で復唱すると、次は大きなディルドを「厭らしくしゃぶれ」という。もうこうなったらやけくそとばかりにしゃぶりつく。「もっとエロく!」「美味しいか?」面接官の言葉に「美味しいです」と返すしかない。次に待っていたのは身体測定。全て脱がされ、ディルドとチ○ポを比較され、面接官の目の前で扱かされ辱められる。まだ続くのだろうか…次は何をさせられるのだろうか…不安気な三月クンをよそに最後に出た面接官からの言葉は…「テーブルの上に仰向けに横になれ」採用されたい一心の三月クンは言われた通りに台の上へ。そこから3人の面接官の暴走が始まる。筆で乳首をなぞったり、バイブでチ○ポを責めまくったり、仕舞には美味しそうにフェラしたりと悪行を続ける。もう三月クンは昇天寸前!!面接のことも忘れ、思いっきり感じまくり大きな声で喘ぐ。そして究極のバキュームフェラでフィニッシュ!!これでこの面接は合格となった三月クン。しかし喜ぶにはまだ早い。この後に控えた社長の最終面接が控えているのであった。